トムさんの愉快なblog

この世に蔓延る悪を根絶やしにするためでもなく、全ての生物が共存する理想郷をつくるためでもなく、世界が平和であることを願いながら書く日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松岡修造

なんか書くネタがなかったんで、彼についてちょっと書こうかと
 
ニコニコでさんざんネタにされている松岡修造だが、俺は彼は現代においてレジェンドレアな熱い男として尊敬してますよ
 
北京オリンとかの応援を報道されたりしたが、どれも熱く、本気で応援していて、選手が勝ったときには涙を流して喜んでいる
 
キャリア時代の彼は知らないから、ちょっとwiki等で調べてみた
 
 
 
松岡修造は東宝芸能社長の松岡功の子として生まれ、慶應中等部在学中にアメリカの「オレンジボウル選手権」で優勝を果たすなど、早くからテニスの才能を開花させる
 
慶應高校に進むもテニスの名門・柳川高校に編入、そして高校を中退して渡米。
 
1984年にインターハイを制覇し、その後親の反対を受けながらもプロに転向。反対を押し切ってのプロ転向だったため、親の経済的援助を受けられず、ウェアは自分で洗い、ホテル代がないときは仲のいい選手に泊めてもらったりしたという。
 
修造の一番大きなキャリアは有名といったら有名だが、ウィンブルドンでのベスト8入り
 
1995年のウィンブルドンでは日本人の男子テニス選手として1933年の佐藤次郎以来「62年ぶり」のベスト8入りを果たす。その時の松岡の感動の大きさはコートを駆け回り、最後はコート上で大の字になって空を仰いで表現していたことからも伺える。
 
この試合の映像どっかで見たが、プレー中にも「この一球は絶対無二の一球なり」と叫び、自己暗示をかけてるシーンがあった。名言すぎる
 
次の準々決勝ではサンプラスとあたり、1-3で敗退となった
 
1995年の全米オープン1回戦でチェコのペトル・コルダと対戦中、痙攣を起こして身体が動かなくなり、闘志が燃えてる中試合途中で失格となったこともある。
痙攣はテニス規則では「試合中の故障」とみなされないため、故障の治療時間として取れる3分間の「インジャリー・タイム」“Injury Time”の対象にならない。
松岡のこの試合をきっかけに、テニス規則におけるインジャリー・タイムが見直され、その後「シュウゾウ・マツオカルール」として試合中の痙攣治療も認められるようになった。
 
1998年春に現役引退。その後は後継者育成のための指導を行うと同時に、スポーツコメンテーターとして出演したり、熱いキャラクターとしてさまざまなCMに起用されたりしている
 
引退の記者会見では彼が嫌う「限界」や「無理」という言葉はついに最後まで発しなかった。後に「負けても全然悔しいと思わなくなった自分に気が付いてしまった」と引退の理由を語っている。
 
 
 
松岡は『エースをねらえ!』に憧れてテニスを始め、海外遠征の間はいつも全18巻を荷物に入れて愛読していた。試合に持ち込むこともあり、ウィンブルドンのセンターコートにもそれを持ち込んだ。
 
父・松岡功は東宝の社長になる以前にはデビスカップに出場したこともある名テニスプレーヤーだったが、実業に専念すると同時に完全にテニスから足を洗った。
用具やトロフィーなどはすべて処分し、テニスをやっていた痕跡すら残さなかったという。
そのため修造は、自らがテニスを始め、将来を嘱望される選手となる頃まで、父がテニス選手であったことを知らなかった。
 
現在は東宝東和株式会社で代表取締役社長を務める兄・松岡宏泰は、大学時代に全日本大学選手権などに出場するほどの選手だった。
当時既にプロになっていた修造の知名度も高く、「セレブなテニス兄弟」としてメディア的には格好のネタになりそうなものだったが、なぜか宏泰が「松岡修造の兄」として紹介されたことはほとんどなかった。
これは宏泰が、父同様、大学卒業後は実業に専念することを決意しており、将来はプロとしてテニス界で羽ばたいていくであろう修造とは距離を置いた立場を貫くために、メディアに対してなんらかの申し入れをしていたからだと推察されている。
 
錦織圭との関係も深く、JTA強化本部及びジュニア育成本部との共催で「修造チャレンジ」を毎年開催しているが、12歳の錦織を鍛え、プロ転向した後も彼の試合をよく応援しに行っているようである
 
ボブ・ブレッドの指導も受けている。ボブブレッドといえば俺の大好きなゴラン・イバニセビッチやアンチッチ、チリッチの師匠、こんなところにつながりがあるとは・・・(♯´ω`)
 
 
 
調べるまで知らなかったけど、ビックサーバーだったんだね
 
映像見た限りかなり球足はやい、200キロくらい出てるんじゃないか・・・
 
調べてみてますます愛着が沸いた、ゴランとボブブレッドつながりとかボブブレッドつながりとかボブ(ry 
シュウゾウ・マツオカルールwすごいな、テニス界を変えた事件じゃないかw
 
痙攣した試合の動画は見つけられなかった・・・まぁ見つかったら見つかったでニコニコ素材としての餌食になることはまず間違いない
 
家族とのエピソードはいいですな、彼らもまた、熱い男である
 
結局、何が言いたいかといえば、修造はもっと愛されるべき(´・ω・`)そしてプロフに追加
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最近の記事

プロフィール

トムさん

Author:トムさん
年齢:永遠のハタチ前後
性別:♂

属性:左利き、ゲーマー、変態という名の紳士、ちょいオタ、きもちわるい、影響されやすい、自分に頑固、なんだかんだで標準的、吃る

趣味:ゲーム、音楽、ゲーム、カラオケ、ギター、運動、インターネット、ゲーム、お酒

特に好きなアーティスト:東京事変、ペトロールズ、scope、Alan Jackson、The Ventures、サザンオールスターズ、the pillows

好きな料理:卵使う料理、肉使う料理、野菜使う料理

好きな有名人:高橋克典、中川翔子、松岡修造

座右の銘::「和して同ぜず」、「己の欲せざる所、人に施す勿れ」

 
なにかござればこちらのアドレスまで↓あんまり見ませんが。。
 
tomoki425hsamsあっとhotmail.co.jp

アクセスカウンター

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。