トムさんの愉快なblog

この世に蔓延る悪を根絶やしにするためでもなく、全ての生物が共存する理想郷をつくるためでもなく、世界が平和であることを願いながら書く日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェデラー強し

やはりフェデラーは強かった
 
俺が見たときには2セット目だった。1セット目は6-3でフェデラーが取っていた。どうやら2ゲームもブレークされたらしいと察し、今大会では一度もブレークされずに来てたんだけどなぁと少し嘆いた
 
しかし2ゲーム目、解説の方が言うにはサービスのスピードプレースメント共に上がっている。調子が出てきたようだ、めちゃくちゃ早い。そして鋭い。
 
1stサーブが入らなかった場合、2ndは少しは甘くなる。そこをフェデラーが取っていけるか。という戦いだった。
 
2セット目の終盤、カルロビッチのサービスをがっちり捕らえてリターンしたときがあった。カルロビッチも驚いたようで、足元に落ちてきたボールに動揺が見える返球をしたがそれはアウトだった。
 
プレッシャーがあったのか、1stが上手く入らず、このゲームはフェデラーがブレーク
 
ここのカルロビッチにかかるプレッシャーは相当なものだったと思う、その後もフェデラーは何度か1stをリターンしたものの、ブレークすることはできなかった。
 
結局一度とられたブレークを返すことはできず、2セット目は7-5でフェデラー。
 
3セット目、カルロビッチのサーブはますます速く鋭くなっていた。ノータッチエースの確立も増えてきている。
 
3セット目では一度だけカルロビッチにブレークチャンスが訪れたが、ものにはできなかった。タイブレークに突入する
 
タイブレーク、カルロビッチのサービスは完璧ではあったが、それを捕らえてきたフェデラーはやはり王者だった。結局フェデラーのサービスで点をとることなく、7-3でフェデラーが3セット目を制し勝利
 
しかし今年のウィンブルドンは天気がいい、カルロビッチもサングラスかけてたしね。
 
ひさびさにクロアチアンサーブ見れて嬉しかった。
 
 
マレー対フェレーロは途中で寝てしまったんだけど、マレーのストレート勝ちのようです
 
マレーのブレークポイントでフェレーロが2ndを1stのスピードで打ってダブルフォルトをするっていうことが多かった
 
相手のペースを崩すためにも、サービスエースをとるためにも、いい作戦だな~と思ったが残念ながら入らなかったね
 
アンディマレーは期待とは違ってベースライナーだった。でも一度だけみれたサービスダッシュ、ラインすれすれのパッシングを飛び込みでクロスボレーしたのには、ヘンマンを感じた
 
フェレーロ見てるとテニスやってるな~とか思うな。でも攻めのテンポがマレーのほうが早いって感じがした。やっぱフェレーロはクレイコートが似合う。
 
 
そんなわけで準決勝はトミー・ハースvsロジャー・フェデラー、アンディ・ロディックvsアンディ・マレー
 
アンディ対決・・・だと!?とりあえず見たかった2試合流してくれた放送局に感謝!
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最近の記事

プロフィール

トムさん

Author:トムさん
年齢:永遠のハタチ前後
性別:♂

属性:左利き、ゲーマー、変態という名の紳士、ちょいオタ、きもちわるい、影響されやすい、自分に頑固、なんだかんだで標準的、吃る

趣味:ゲーム、音楽、ゲーム、カラオケ、ギター、運動、インターネット、ゲーム、お酒

特に好きなアーティスト:東京事変、ペトロールズ、scope、Alan Jackson、The Ventures、サザンオールスターズ、the pillows

好きな料理:卵使う料理、肉使う料理、野菜使う料理

好きな有名人:高橋克典、中川翔子、松岡修造

座右の銘::「和して同ぜず」、「己の欲せざる所、人に施す勿れ」

 
なにかござればこちらのアドレスまで↓あんまり見ませんが。。
 
tomoki425hsamsあっとhotmail.co.jp

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。