トムさんの愉快なblog

この世に蔓延る悪を根絶やしにするためでもなく、全ての生物が共存する理想郷をつくるためでもなく、世界が平和であることを願いながら書く日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の音楽論

テーマは「発声」
合奏は合唱だと思う。
楽器を通しているだけで、曲とは、その曲に、歌詞に沿った、感じたそれぞれの思いを声に出して歌うものだ
こうこうこういう冒険心を歌った歌なら、俺はこんな音でこんなフレーズで歌う。こんなビートを刻む。
それなら俺はこう合わせるよ、曲とはセッションの中で生まれるべきもの。それがバンドの曲であるべき
いい曲はたとえ歌詞がなくても、なんとなくその歌詞の気分にしてくれるはずだ、俺はそういう経験が何度もある
そうわかっていたが、考え直したとき、俺のギターはひどく幼稚なものに思える
俺にはまだ俺の音を奏でることができない。俺の思った感じを、俺が思った音を素直に発声することがまだできていない。
セッションができない楽器など、いまだただの飾り、膨らんだ声帯を、喉仏を見せびらかしてるだけだ。
きっとどんなミュージシャンもはじめはそうだ。いろんな曲を聴いて、いろんな曲を練習する。
それは赤ちゃんが親の声聞いて、あーだのうーだのパパだのママだの声に出すのと同じことだ
コピーバンドでやってるうちは、自分自身の音を出せていない。そう思うんだ。
たしかにその中で音を変えたり、弾き方を変えたりして自分を表現することも大事で、それも大いに発声練習になるだろう。
いろんな楽器を、ギターを弾いて、お気に入りの音を見つけることは、自分の声帯を確立するということ、とても大事なことだろう。
しかし結局は、セッションできるようになることが、楽器ができるということ。楽器を自分のものにするってこと。それが楽器の価値だろう。
楽器は声帯、エフェクターは変声機、フレーズは思い、曲は思いの結合体、集合体
俺はそう思うんだ
早く思った音を奏でられるようになりたい。
いつになるんだろうな・・・
 
 
一度も指を止めずに打ってみたんで、何書いたかさっぱり(♯´ω`)
でもこれが今の俺の音楽論だ。俺の能書き、脳書きだな。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最近の記事

プロフィール

トムさん

Author:トムさん
年齢:永遠のハタチ前後
性別:♂

属性:左利き、ゲーマー、変態という名の紳士、ちょいオタ、きもちわるい、影響されやすい、自分に頑固、なんだかんだで標準的、吃る

趣味:ゲーム、音楽、ゲーム、カラオケ、ギター、運動、インターネット、ゲーム、お酒

特に好きなアーティスト:東京事変、ペトロールズ、scope、Alan Jackson、The Ventures、サザンオールスターズ、the pillows

好きな料理:卵使う料理、肉使う料理、野菜使う料理

好きな有名人:高橋克典、中川翔子、松岡修造

座右の銘::「和して同ぜず」、「己の欲せざる所、人に施す勿れ」

 
なにかござればこちらのアドレスまで↓あんまり見ませんが。。
 
tomoki425hsamsあっとhotmail.co.jp

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。