トムさんの愉快なblog

この世に蔓延る悪を根絶やしにするためでもなく、全ての生物が共存する理想郷をつくるためでもなく、世界が平和であることを願いながら書く日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンスターハンター3、レビュー的なアレ

・総評
 
 
・ボリュームのこと(装備)
 
よくボリューム不足という声があがっているが、これに対しては同意せざるを得ない
 
防具に関していうと、見た目が違う種類が2ndGでは・・・数え切れないほどあるが、3rdではおよそ30種類
 
ペッコ、ルドロス、レウスみたいな種類で言えば数はあまり変わっていないのだが、2ndGでは例えばクックひとつを取ってもノーマル、亜種で色違い、そして上位ノーマル&G級のフォルムが違うものがあるのに対し、3rdではペッコで言えば1種類しかない。上位防具も3色だったシンボルカラーを多様に変えれるようになるだけでフォルムはなんも変わらん。
 
武器に関しても最終形態の種類で数えて、2ndGでは片手が38、太刀が31、3rdでは片手23、太刀がなんと13という大幅削減。
 
ボウガンは比較できないが、種類の数としては2ndG>3rd
 
ただ、逆を言えば前作はどうせ使うのは10種類位なのに、無駄なの(極論でいえばだが)詰め込みすぎたともいえて、今作では無駄を排除した。ともとれる。
 
太刀なんかは火と龍と雷以外は各属性が一つだけで、状態異常系も麻痺のみで、その傾向が見て取れる
 
それとボウガンに関していえば、数は減っているが、組み合わせによればおそらく前作の種類を超えるだろうし、なによりも自分でチューンできるという点が非常に面白い
 
そういった点で見れば武器に関してはそれほど悪いとは思わないな、俺は。
 
防具は言わせてもらえば劣化としか言いようがない。ただ、種類が少なくなったからか、アクの強い見た目のものは多かった。簡単にいうと、セット装備がかっこよくなった。
 
「いかにも」かっこよくなったのが良かったか悪かったかは人それぞれだけどね・・・
 
 
・ボリュームのこと(クエスト、システム)
 
クエストの数はあまり変わっておらず、オフラインは前作とあまり変わらないペースで進めることが出来た。
 
モガの森も作業といえなくもないが、あれがあったことによってシナリオも確立してるわけだし(まぁ無くてもいいが)、モンスターの生態的な面、村の営み的な面を補強できたと考えれば、有意義といえば有意義な作業。
 
それに対し、以前の記事で何度も述べたがオンラインが鬼畜すぎる。俺は公式にオンラインでモンハンするのは初めてだったからかも知れんが、次のステップに行くための作業が本当にめんどくさかった。
 
先ほど述べたとおり、モンハンの醍醐味の一つ、装備集めに対応するボリュームを少なくしたからといって、なだらかな山を延々を登るような「プレイ時間稼ぎ」としか言いようがないような壁を置いたことには不服を感ぜざるを得ない。
 
あくまで初オンラインの男の戯言ですが。
 
それとペッコが他のモンスターを呼んだり、生態が不安定なときは予期しない大型モンスターが現れたりするのは面白かった。
 
ただその安定、不安定もクエストごとに決まっているよりも、同じクエストでもランダムにしたり、安定と不安定のサイクルみたいなのがあったほうが複雑でよかったかもとは思った。こういう生態的な部分は複雑で結構かと。
 
後者はオンラインにすると難しいかな・・・
 
 
・新しいボス
 
今まで戦ってきたボスたちは排除され、レウスレイアディアを残して一新したわけです
 
懐古主義的な感情が強い俺は、当然残念な気持ちでいっぱいだったのだが、それを十二分ではないにしろ十分フォローしてくれたと思う。
 
ベリオロスのようにほぼ前作のナルガみたいなものもいれば、ギギネブラのようにほぼオリジナルな新しいものもいて、新作ゲームとして楽しむという考えでみれば無印→2の変化とは比べ物にならないほど変化している。
 
だがクックを消したことは我々は絶対に許さない。
 
さて、ちょっと視点を変えて、モンハンの一番の敵とはなんでしょう。そう、地形とカメラワークですね←断定

これは今作も健在です。でもカメラワークはいきなりグルン!と回ったりした印象はなかったので、改善されているかと。 
 
地形に関して言えばもっと手ごわくなった印象です。火山の溶岩ダメージ判定広く感じた。チャナくん、あんな狭いフィールドで吸い込み攻撃しちゃらめええぇぇぇぇええ!←ガンナー殺し
 
もちろん壁ハメだって健在。 だ が そ れ が い い
 
「ハンターならな、状況や地形を把握して戦いやがれ!」ってことですね。奥が深いぜ・・・
 
 
・難易度
 
よく簡単だったという声は聞こえるが、それはたぶん当然なことですよね。
 
初めてモンハンをやったときはクック先生をゲーム慣れしてる俺でも2、3度か挑戦して倒したし、「モンハン」というゲーム、回復薬や砥石を使うタイミングの見切りとかそういう話は変わってないわけで。
 
3rdで初めてモンハン始めた人にはやっぱり難しいんだろうな、オンラインでそういう人を見かけると見るからに立ち回りが初々しくて和むわ~・・・←回復してるとき追撃されるのを見て和む外道
 
ただ確かに敵の攻撃力が弱かった感はある。まずはオフラインをクリアした俺だが、新しい動きがあって、被ダメ回数が多かったにも関わらず、何だかんだで一度も3死することなくクリア出来たのは多分そのせいかと。
 
すぐゲームオーバーになるゲームってのは、今のようないわゆる気軽にゲームする世代には合わないだろうし、そんなゲームをWiiに持ってくるのもギャンブルすぎて、さらにそれがビッグタイトルならアホらしい。
 
そう考えるとこの位の難易度は妥当かなと思います
 
 
・システム(水中戦)
 
今作の醍醐味の一つ、水中戦。壮大な自然がウリのモンハンだったからこそ、前作の密林などに見られるあの広大な海にダイブできると知ったときうれしくなったものだ。
 
実際にやってみると、従来の平面のアクションに水平の要素が増えたのは面白かった。
 
水中では無敵時間が長い緊急回避(ダイブ回避)が無くてクソ。とか言う人も見受けられたが、それこそ上下の動きを上手く使うべき。
 
例えばラギアが上を彷徨って斜め下に突進してくるやつなんかは横に回避するよりも上に回避することで、壁による突進の軌道修正でくらう。なんてことも無いだろうしね、まぁ状況によるけど
 
水中戦はまさに縦横無尽。やり込めばよりよい立ち回りが出来るだろうし、陸の基本的な立ち回りが身についたモンハン経験者としては面白い要素だった 
 
 
・個人的な感想
 
ゲームとしては非常に面白かったし、なによりも風切りの笛のメロディとラーウィ様亜種が出てきたことで俺の中の株がドUP
 
ただこういったやり込みゲーがお金かかるってのがどうも慣れないし、複雑な気持ちになるな
 
従来をかなり断ち切った形ではあったが「モンハン」の名に恥じないゲームだったと思うよ
 
クックかペッコかどっち路線でいくか、それとも融合するのか。これからの続編に期待だね
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最近の記事

プロフィール

トムさん

Author:トムさん
年齢:永遠のハタチ前後
性別:♂

属性:左利き、ゲーマー、変態という名の紳士、ちょいオタ、きもちわるい、影響されやすい、自分に頑固、なんだかんだで標準的、吃る

趣味:ゲーム、音楽、ゲーム、カラオケ、ギター、運動、インターネット、ゲーム、お酒

特に好きなアーティスト:東京事変、ペトロールズ、scope、Alan Jackson、The Ventures、サザンオールスターズ、the pillows

好きな料理:卵使う料理、肉使う料理、野菜使う料理

好きな有名人:高橋克典、中川翔子、松岡修造

座右の銘::「和して同ぜず」、「己の欲せざる所、人に施す勿れ」

 
なにかござればこちらのアドレスまで↓あんまり見ませんが。。
 
tomoki425hsamsあっとhotmail.co.jp

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。