トムさんの愉快なblog

この世に蔓延る悪を根絶やしにするためでもなく、全ての生物が共存する理想郷をつくるためでもなく、世界が平和であることを願いながら書く日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイトンVS逆転裁判 感想

俺の3DS購入のきっかけでもあった「レイトン教授VS逆転裁判」、クリアーしたんで、ネタバレはしないかんじでまたgdgdレビューしておこう!
 
まぁ100%ネタバレ無しってのは無理だけどね。こういうゲームだとシステム面とか、物語に当たり障りの無い話だったり、あいまいなことしか言えないのは難しいわな
 
ちなみに俺は逆転裁判は全作プレイ済み、レイトン教授は0のまっさらでプレイ。
 
だから主に逆転裁判目線のレビューになってしまうと思う
 
 
 
まず今作のシナリオとしては、1章1章が分かれているわけではなく、一つの物語のなかで、探偵パートと裁判パートをいくつも繰り返していく感じ
 
逆転裁判3のように、1つ1つは分かれているけどそれがどっかでフラグになってる~とかって感じではなくて、もろに一つのシナリオ。そういう意味では検事2に近い。
 
大きな話としてはラビリンスシティの謎を解く。という話になっていて、特に寄り道のような無駄話のようなものはなく、1本筋で謎に迫っていく。
 
それと特筆すべきはところどころ流れるムービー。ひとつひとつが長ったらしい印象は無く、あくまでシーン毎を盛り上げるって感じで、とても印象がよかった。
 
 

キャラの数はとても多いが、脇役的なものは裁判パート、探偵パートで分かれている印象があった。まぁ2つの作品の作風がまさに「静と動」って感じなので、住み分けは大事だな~とは思う
 
逆転裁判をプレイする目線で見ていた俺としては、証人は面白いキャラクタばかりだったと思うwまさに逆転裁判らしさ全開って感じのw
 
アクションとかは面白おかしいふざけてるのばかりだけども、4によくあったキチガイ行動のような不快なものは無かった気がするのでご安心。基本的にみんないいひと
 
ただし、おなじみの「追い詰められて豹変」だけが楽しみ!って人にはオススメ出来ないかもしれない。
 

 
探偵パートでは随所随所でナゾ解きのミニゲームがあるのだが、ある程度は無視したり、後回しにしたりできるので、ストーリーと裁判以外はいらねえよって人でもそれほどストレス無く出来る感じだと思う。
 
また、パズルは苦手じゃーって人も、マップ探索で拾える「ひらめきコイン」を使ってヒントを4段階くらいでもらえるんで、詰んで物語の進行をさえぎってしまうことは無いと思う。4段階目なんてほぼ答えだし。
 
それと逆転裁判にありがちな、どうでもいいもの調べてちっちゃい漫才みたいのするってのは無くて、一言コメントって感じ。連続で調べるとキャラ同士の掛け合いになってる時もあるけども。俺はそれ楽しみにしてたんでちょっと残念
 
 

探偵パートでは今回の新しい要素、「群集尋問」はなかなか面白かった。何をどうするとか詳しいことは書かないが、一つの証言を集団でしてくるなんてつまらないものではなくて、相手が集団というのをうまく使っていた感じ。
 
難易度としては、隣にいるキャラがほのめかしたり、ゆさぶった後に「ひっかかるところがある・・・」とかってのが大半だったので、割と簡単な印象を受けた。
 
ちなみに「ひらめきコイン」のヒントで、使う証拠品を絞れたりもするらしい。いらんと思うけど。
 
ともかく、裁判パートに難しさを求めないのであれば、トリックは破綻せずによく出来ていると思うし、証人のキャラも面白いし、十分満足できると思う。
 
 

最後に、俺としては重大な欠点を一つ。
 
今作は一つの大きなシナリオだからなのか、一つ一つの裁判を個別にプレイ出来ない!
 
たとえば3個目の裁判やりたいなーとか思った場合、最初からやり直すしかない。いわゆるチャプター毎に始めたり飛んだり出来ない。
 
これは非常に残念。これだけでこの作品の評価を大いに下げるしかない。俺的には。
 
取り逃したナゾは後からでもプレイできるから、1周目で大部分は楽しみきれるのは救いだが、再び行けない場所もあったり、時期毎の一言コメントもあるだろうし、やはり痛い。ついでに言うと行けなくなってしまった場所にあったひらめきコインは二度と手に入れることはできない。
 
逆に言うとその辺を突き詰めて、全コインゲット、ナゾ、裁判ともにノーミスクリアして高得点プレイ。のような自己満足プレイは出来るのだが・・・どうかねぇ
 
それと声優。今作は重要なシーンなんかはフルボイスで、他はポポポ音声なのだが、ナルホドくんが残念。
 
もちろん今までの巧舟さんの「異議あり!」が染み付いてるからってのもあるけど、それにしてもレイトンの大泉さん、ルークの掘北さん、真宵ちゃんの桐谷さんに比べて残念。抑揚が薄いというか。残念。
 
でもまぁ来年出るらしい逆転裁判5も今までの社員起用じゃなくてプロの声優を使うって話なんで、巧舟離れにはいいかも?w
 
ちなみにエンディングに出てたけど、ボロゾーキンってキャラが巧舟さんらしい。あのキャラは思い出すだけで笑えるわwww
 
 
 


最後にまとめると、
 
逆転裁判としては十分面白い!
レイトン要素をミニゲームとしてプレイした感じでは満足!
推理ゲーとしてはイマイチ!
ストーリーは感動ありどんでん返しもありでまぁ満足!
なぜチャプター制にしなかったし!
 
マホーネたんかわいいよおおおおおおおお!!!!
ジョドーラのおっぱいエロいよおおおおおお!!
メロメロさま踏んでくださいハァハァ
でもやっぱりマホーネたんが一番だね!!!
 
って感じ。
 
面白かったー!
 
せっかくだから、最後にいくつか撮っておいた写真で、ネタバレになってないだろうやつを・・・
 
まぁ一応、画像は多くの情報をもたらすんでね、注意!↓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レイトン教授ハイパーモード


レイトン教授ハイパーモード!!!
 
 
 
サユリさんの再来
 
あれ、どこかでこんなのあったような・・・w
 
 
 
どうよ?
 
  ど   う   よ   ?
 
 
 
気になった人は店頭へ急げー!w(申し訳程度の販促)
 
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最近の記事

プロフィール

トムさん

Author:トムさん
年齢:永遠のハタチ前後
性別:♂

属性:左利き、ゲーマー、変態という名の紳士、ちょいオタ、きもちわるい、影響されやすい、自分に頑固、なんだかんだで標準的、吃る

趣味:ゲーム、音楽、ゲーム、カラオケ、ギター、運動、インターネット、ゲーム、お酒

特に好きなアーティスト:東京事変、ペトロールズ、scope、Alan Jackson、The Ventures、サザンオールスターズ、the pillows

好きな料理:卵使う料理、肉使う料理、野菜使う料理

好きな有名人:高橋克典、中川翔子、松岡修造

座右の銘::「和して同ぜず」、「己の欲せざる所、人に施す勿れ」

 
なにかござればこちらのアドレスまで↓あんまり見ませんが。。
 
tomoki425hsamsあっとhotmail.co.jp

アクセスカウンター

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。