トムさんの愉快なblog

この世に蔓延る悪を根絶やしにするためでもなく、全ての生物が共存する理想郷をつくるためでもなく、世界が平和であることを願いながら書く日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラクエ11が俺の中でシリーズ最高傑作

とあるきっかけからドラクエ11とかそう言えば出てたんだな、やるか!と近所のゲオで買ってきてプレイ
 
SFC・6→PS・7→iアプリ・2→SFC・5→PS・4→PS2・8と、ナンバリングは1と9と10以外をプレイしてきた俺
 
しばらく9、10を無視していたので気にしていなかったんだけど、いざプレイしてみたらああドラクエだなと。
 
クリアしたので"ストーリーに関わる"ネタバレは無しで感想を書いていく
 
※シリーズ~~~って表現をするけど、その中に未プレイの1と9と10は含んでいない
 

 
まず、11の特徴として言えたのが
 

・仲間キャラクターの話の掘り下げがシリーズ随一
 
まずこれが大きな特徴、今までのドラクエって仲間になるキッカケみたいなのを描いた後はところどころストーリーで出番があったりなかったりみたいなのが普通だったけど、今作は本筋の話もみんなで進めていくし、キャラの掘り下げの部分もしっかりしている
 
その辺、スクウェアのゲームの良さが入ったんだなぁとしみじみ感じる
 
あとは「はなす」コマンドでのキャラのセリフもそれなりに彩られている。まぁ「はなす」に関してはどっちかっていうと課題点かなと思っているんだけど

「はなす」がよく作られていた作品として7が印象にあるのだけれど、あれはシーンに対する反応、もっと言えば特定の会話に関するツッコミまで入れてくれてて、「主人公←→仲間」のみならず「NPC←→主人公+仲間」が話せている感じがあった。

今作は基本的に場面場面に対する「主人公←→仲間」に終わっている印象。唯一「あ、ここも個別でセリフあるのか」って思ったのが天空のぱふぱふくらい
 
こういった細かいセリフを話を進めるにおいて必須ではなくてオプションとしたのが「はなす」コマンドの神髄であるわけだが、そこの作りこみが甘かった(少なくとも7と比べて大いにクオリティが下がっていた)のは残念
 
 
 
・過去作BGMをふんだんに盛り込み、すぎやまこういちワールドの集大成が作られている
 
これがほんと感動。どのシーン、どの遊んでる風景とってもドラクエだな~って感じるのはやはりBGMが仕事しているのが一番大きい
 
新しいBGMと過去作BGMの流れる割合(収録数は実に5:5くらいだけど)は大体7:3くらいかなって感じだけど、よくもここまで選んでくれたなっていう印象
 
過去作の名曲が、「あ、このシーンにめっちゃ合うんじゃね」って場面にキチンと持ってこられている印象を受けられた。
 
ちなみにネットで「ドラクエ11 BGM」とかで調べると酷評が散見されるけど、俺に言わせてみればわけがわからない。
 
「なんでこんなにシーンに合ってるのに新しい曲じゃないとダメなの?(感動が無いなら別だけど)」の一言で終わってしまう意見が多く、BGMに求めるべきことを勘違いしている節が多くとても目障り耳障りザンネン
 
「新しいBGMが軒並み酷い」っていう意見も散見されるけど、俺は全く逆の感想なので、やはりよくわからない。
 
通常戦闘曲(確かにⅣやⅤの素晴らしさはわかるが)もドラクエらしさ突き詰めてる感じあって良いし、ボス曲も緊張感と中ボス感あって良いし、いくつかの曲のテーマになってるセーニャの琴のフレーズは素晴らしいし、シルビアの曲なんかはもうシーンも相まって感動しちゃうわ
 
ただすぎやまさんのBGMは昔から聞いてる人からするとやっぱりPS4の"美麗グラフィック"よりはもっと"ゲームゲームしたグラフィック"に合うなぁという刷り込みはあると思うので、俺もPS4でプレイしていたら少しは評価にブレはあったかもしれない。
 
しかし、BGMで残念だったなと唯一はっきり思うのは、ラスボス戦。
 
重厚なBGMで終わってほしくなかったなぁという端的な感想。
 
 
 
 
他に良かった点と悪かった点を箇条書きしていくならば
 
・ゲームバランスが非常によくできている
 
俺はザコはほとんど無視して、買い物縛りしてたのもあって探索はしっかりして進めていたのだけど、(あともちろん攻略情報などは一切見ていない、)どのボスもそれなりに苦労して倒せるレベルだった。もちろんある程度「こいつは弱かった」「こいつは対策しっかりしないと全然倒せそうになかった(魔竜さんとか)」ブレはあるけども。
 
プレイヤー強化がレベル上げ、スキル振り、装備調整(買い物、鍛冶、探索)、戦い方の調整と多岐にわたり、特に敵に合わせて戦い方ひとつ変えるだけでかなり戦いやすくなるってのが、RPGの楽しみを突き詰めている感があって好印象
 
裏ボスに関しては、ストーリーに沿って進めると強くさせすぎてしまってるかな~という感想はあった。"試練"を受ける前に一度ボスに挑ませる流れにしておけばいっそ良かったのかも。
 
 
・ボイスは無かった
 
今の時代、字幕だけでボイスが無いというのは斬新だった。もちろんその意図はわかるのだが
 
セリフだけにボイスを入れるわけにはいかない、戦闘中の掛け声だとかも当然入ってくる、そうすると主人公がいかに「はい、いいえ」だけで進めていても主人公のボイスは必要になってくるし、そもそも今作は仲間との掛け合いでキチンと主人公が長文セリフをしゃべっているシーンが多い
 
主人公は自分の投影だったり、そうでないなら無口キャラってのがドラクエの大きな特徴なので、主人公にボイスが付くとそこが大きく揺らぐ。
 
とはいえ、初期設定でボイスオンオフと、主人公ボイスをいくつかパターンから選ばせたりで作られててもよかったかな~とは思うのは、今時のゲーマー(オタク)だからかな
 
まぁそうなってくるとかなりのリソースが必要になってくるし、そこの問題もありそうだけど。って考えていくとボイス無しなのが無難だったのかなとも思えてくる。
 
魅力的な仲間キャラがシーンが、ボイスでの名演があればさらに良かったかなとは思うので、難しいところ。
 
 
・3DSで良かった
 
PS4のグラフィックは大いに魅力で、3DSは安いところや手軽なところが良い・・・ではやはり足りない。
 
だけどサブイベントなどを考慮すると明らかに3DSは優遇されていて(特にシリーズファンには)、PS4のグラフィックでの大きな有利をしっかり帳消しにできている印象があった。
 
ただ時渡りの迷宮に関しては難易度がキツかったとは思う。せめて宝箱が「大事なもの」と「ただのアイテム」で見分けがついていれば、あの宝箱は無視してもいいな~と思えてよかったのだが・・・
 
ヨッチという時間的に限りある資源を使って攻略しなければいけない以上、あれだけ寄り道して、あれだけの犠牲を出して「まりょくの土1個かよ」「そんな気はしてたけどミミック(アイテム落とさない)かよ」っていうことがあまりにも多くて、根負けして8階くらいで攻略見始めた・・・
 
すれ違いゲームとしてはまぁまぁの出来かなとは思うけど、武器の能力が攻撃力一辺等だったのは残念。攻撃力低い爪がPTにいると先制攻撃受ける率下がるだとか、杖がいるとじゅもんの威力あがるとか、そういう調整があってもよかったんじゃなかったかなーと思った。大剣>槍>その他
 
 
・しばりプレイはもっと充実させてほしかった
 
公式のほうで「しばりプレイ」として制限ができるのは驚いたし、面白かったが、項目4つと言わず8つくらい欲しかった(笑)
 
さすがに全縛りがキツくなるってんなら、「選べる縛りは4つまでです」でもいいし・・・
 
具体的には「めいれいするな」が欲しかったな~、ドラクエモンスターズでめいれいさせろが出来なかったのが逆に面白かったので、2周3周遊ぶときに個人的にやってたりしていたのだけど。
 
あとは「休めない」とか、限りある資源とイベント回復シーンが大事になってくるクソ難しそうな縛りがあっても良かったと思う
 
「買い物不可」と「休めない」が重なると拾う回復アイテムとモンスターが落とすアイテムが頼りになるシビアなゲームになると思うし面白そう
 
あとは「戦闘中入れかえ禁止」もかなり難度が上がるうえに別ゲーにもなってくるし、システムいじれるなら「3人PT」ってのもまた面白そう
 
色々アイデアは思いついて「勝手にやればいい」ってツッコミが自分でも出てくるけど、そこは公式でしばりを提案してくる以上、逆に自分でしばる気が失せてしまうのは俺だけだろうか。


・不具合が無かった
 
120時間超えプレイして、フリーズも強制終了も、明らかに描写がおかしい部分も、たぶん誤字すら一度も無かった。
 
ネットでバグ・不具合報告の掲示板とか見てみたらちょくちょく報告はあるみたいだけど、少なくとも俺はこの長いプレイ時間の中1度もなかったことを考えると、これはヤバイ
 
ここ最近でやったゲームが不具合多かったりフリーズ多かったりのものが続き過ぎていたというのもあるのかもしれないけど・・・

 
 
 
 
長くなったのでそろそろ書き終える
 
セーニャが出てきて一緒に旅してるうちにベロニカも良いキャラしてるなぁ、二人で一人やなぁとか思ってるうちにエマのことはおまもりとしか見てなくて(それでも主人公のアクセ1枠はエマのおまもりを基本的には付けていた)、でも後半でエマとルキが出てきたシーンでは泣きそうになった
 
メタルキングの大剣のデザインはドラクエヒーローズのやつが良かった。
 
あー面白かった!
 
という記事は、全クエストクリアしようとして「カジノでジャックポットをしろ」とかいうクソゲーにキレかけて頭冷やしに書かれました。
 
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最近の記事

プロフィール

トムさん

Author:トムさん
年齢:永遠のハタチ前後
性別:♂

属性:左利き、ゲーマー、変態という名の紳士、ちょいオタ、きもちわるい、影響されやすい、自分に頑固、なんだかんだで標準的、吃る

趣味:ゲーム、音楽、ゲーム、カラオケ、ギター、運動、インターネット、ゲーム、お酒

特に好きなアーティスト:東京事変、ペトロールズ、scope、Alan Jackson、The Ventures、サザンオールスターズ、the pillows

好きな料理:卵使う料理、肉使う料理、野菜使う料理

好きな有名人:高橋克典、中川翔子、松岡修造

座右の銘::「和して同ぜず」、「己の欲せざる所、人に施す勿れ」

 
なにかござればこちらのアドレスまで↓あんまり見ませんが。。
 
tomoki425hsamsあっとhotmail.co.jp

アクセスカウンター

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。