FC2ブログ

トムさんの愉快なblog

この世に蔓延る悪を根絶やしにするためでもなく、全ての生物が共存する理想郷をつくるためでもなく、世界が平和であることを願いながら書く日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビリーへリントン氏への感謝と弔い

ビリーへリントンが交通事故で死んだとの話を聞いて、
信じられず、カズヤ死亡説の時のようにガセだろうと思い調べてみたが、ゲイポルノ監督として大御所の、尚且つビリー兄貴とも深く交友のあった妖精王ことチチラルー氏のTwitterアカウントが呟いているから、ああ本当なんだなと脳に刻まれたところです。


赤の他人が死んだと知って涙が流れたのは、任天堂の岩田社長だけでしたがビリー兄貴で二人目です。
それだけ自分の芯の部分に影響を与えてくれた人なんだなぁと。

それもそのはず、私がおそらく人生で一番辛かった時期を支えてくれたのは、ビリー兄貴の関わるパンツレスリング動画だったから。


パンツレスリング動画。
初めは「フタエノキワミのような面白い空耳動画だな」だったけれど、
鍛え抜かれた美しい肉体のせいかおかげか、妖精哲学の三信(賛美の心、許容の心、戒めの心)のような妙に美化・哲学化されたニコニコ大百科があり、本気で考えてもありがたい言葉だなということもあり、内心で自身の経典の一つとしていた。

そして来日。ネット上のおふざけが、現実とリンクした。
彼は自分自身や、自身の出演作品を二次創作、それもお笑い動画のネタにされたことを怒ったりすることなく、製作の努力を認め、褒め、またスターであろうと振る舞ってくれた。本当のエンターテイナーだった。
救われた思いだった。

兄貴動画はもちろん面白さを目的として作られ、また笑いを目的に視聴することが大半だけども、それだけじゃないのは妖精哲学があったから。
それを本気にさせてくれたのは、彼のファンサービスがあったからである。



歪みねえなという賛美の心。
仕方ないねという許容の心。
だらしねえなという戒めの心。


これからも一生持ち続けていきます。
兄貴ありがとう
R.I.P
ビリーへリントン氏の御冥福を、心の底から祈ります。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最近の記事

プロフィール

トムさん

Author:トムさん
年齢:永遠のハタチ前後
性別:♂

属性:左利き、ゲーマー、変態という名の紳士、ちょいオタ、きもちわるい、影響されやすい、自分に頑固、なんだかんだで標準的、吃る

趣味:ゲーム、音楽、ゲーム、カラオケ、ギター、運動、インターネット、ゲーム、お酒

特に好きなアーティスト:東京事変、ペトロールズ、scope、Alan Jackson、The Ventures、サザンオールスターズ、the pillows

好きな料理:卵使う料理、肉使う料理、野菜使う料理

好きな有名人:高橋克典、中川翔子、松岡修造

座右の銘::「和して同ぜず」、「己の欲せざる所、人に施す勿れ」

 
なにかござればこちらのアドレスまで↓あんまり見ませんが。。
 
tomoki425hsamsあっとhotmail.co.jp

アクセスカウンター

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。